Chance

スポンサーリンク

Chance 

初めまして、Makiです。

2018年4月からバリ島へ移住?しました。現在一時帰国中です!
何度かバリ島へは旅行できていましたが、2017年夏の長期休暇を利用して、
サーフィンとヨガを楽しみたいと思い、本当はハワイに行きたかったけどお金が足りなかったのでバリに。
でもその旅行での出会いが、私の考え方や生活を大きく変えることになりました。

今回は私がバリ島へ来るきっかけとなったことや、大切にしている生き方を紹介します。もし、海外で住みたい、何か新しいことにチャレンジしたいと思っている方へ参考になれば嬉しいです!

・バリ島で生活してみたい!

今まで海外旅行は、ハワイやヨーロッパに行きました。ですが、バリ島旅行ではリアルに住んでるところを想像でき、
初めて日本以外の国で住みたいと思いました。
実際住んでみると、バリ・インドネシアの大好きなところと嫌いなところが両方言えるくらいになりました。
その当時は単純に“バリの人ってみんな優しくて、ゆるーい感じ最高!海も山も楽しめる!宗教が身近でクバヤ着てみたい!”
みたいな感じでしか思ってなかったです。軽いですね。

・本当に、心の底からバリ島へ行きたいのか

日本へ帰ってからは私の頭の中はバリ島一色でした。
“バリ島へ住むにはどうしたら良いか”という事ばかり考えていました。
当時は、いつ使うねんって周りに言われながらも少しずつインドネシア語の勉強をしたり、
仕事中に航空券とホテルの検索や在住者さんのブログを拝見してました。

その年の冬の大型連休はもちろんバリ島へ。有給使って17連休もありました。
ありがとうホワイト企業!
もう一回バリ島に行って、純粋に自分のバリ島に住んでみたいという気持ちを確かめたかったという。

その当時の年齢は27歳で、色々考える時期だったなーと。
結婚・キャリアアップ・転職とか本当に頭の中がパンクしそうでした。
未来のあるかないかも分からないような事をずっと考えていたり、
現実から逃げたかったのも正直あったかも。
誰も知らないところに行きたーいとか。夢見る夢子ちゃんって感じでした。
SNSの知らない誰か、こうあるべき女性像や誰かが作った自分と比べてました。

その年の年末年始をバリ島で過ごした結果は、1回目とは違うリアルなところとかネガティブな部分もたくさん体験しました。
正直複雑な感じで帰ったのを覚えています。

年明け日本に帰ってもう一回ゆっくり考えました。いろんな人と会って色んな話を聞いて、占いにも行きました。痛いですね。
でも最終決めるのは自分という事で、やっぱり直感で感じた気持ちは変わらなかったです。

・バリ島へ住みたい! 本当に自分が心から何に感動するのかを知りたい

そこからは、ぽんぽんぽーんって色々決まっていきました。
アンテナを張って口に出す事は大事だと本当に実感しました。

まずは仕事を見つけないと!と毎日必死にWEBで求人を探していました。
たまたま見つけた旅行会社の求人を2月に見つけて、1週間後スカイプ面接、
その場で即採用。その時はまだ親にも言ってなかったので、受かってしまった!
みたいな感じで内心焦ってたのと、すっごく嬉しい気持ちで複雑だったのを覚えています。

まとまったお金も必要だと思い、3つ掛け持ちしていた仕事を4つに増やし、
メルカリでブランド品を売りまくってました。
アフター5がなくて合コンに行けなくても、大好きなところで生活できる!
という気持ちに勝るものはなかったです。

何事もタイミングだったんだなーと今になって思う事はたくさん!
もし夏季休暇を利用して違う国に行っていたら、
もしその当時大好きな人と結婚していたら、なんて考えたら山ほど・・・

今の選択が正解かどうかは死ぬときにわかるし、
他人が決めることでもないし、わからないかもしれない。
なんなら今の時点でプラスにしか考えれてないから答えはもちろん正解!
このタイミングじゃなくてもいつかバリには来ていたんだろうと思っています。

・全部自分次第! 本当の声を聞いて欲しい

未来のことを考える時は必ずネガティブな思考が働くものです。
例えば、海外で生活したい!でも仕事が、でも彼氏が、でも家族がって
その“でも”に気づいてますか?でもって本当の自分の気持ちですか?
でもって自分で作ってしまっている感情なんですよね(ヨガの先生が言ってた)

少しでも自分の気持ちに正直になって、
完璧じゃなくても出来ることから、自分の居心地の良い選択をする。
自分の直感を信じて、自分自身と素直に向き合い生きていくという事を大切にしようって思いました。
自分を大切にできない人は他の人も大切にできないですからね!

・Never Say Never

でもそんなこと言いながら私も明日には日本に帰るって言っているかもしれませんが。絶対とかずっととか、この世にはないということも理解しておかないといけないです。一回言ったからっていう気持ちに縛られるのも良くないし、
今の気持ちを確認しながら、目の前にあることや人に対して一生懸命向き合って、自分らしく色んなことに挑戦していく攻めの姿勢は忘れちゃいけないと。

こんな感じで日本からバリ・インドネシアへお引っ越ししました。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

Maki

タイトルとURLをコピーしました