【ヨガ哲学】ヨガの八支則 ヤマ(禁戒)

YOGA
スポンサーリンク

ヨガを実践していると「ヨガ哲学」という分野について勉強します。

ヨガを実践していなくても現代社会を生きる私たちにとって、
心を穏やかに保つ秘訣が記されていると感じたのでシェアします。

第一回目は、ヤマ(禁戒)について。
私なりの解釈も含めて紹介します。

今一度、自分の心と体と向き合ってみてください!

ヨガの八支則とは

ヨガをする上で大切にしたいヨガの八支則
サンスクリット語で【8つの枝】という意味です。

この八支則を日常生活において実践することで、
良い方向へ導いてくれるという。

「ヨガは人生の杖のようなもの」と表現をする先生もいます。

・ ヤマ Yama(禁戒)

・ニヤマ Niyama(勧戒)

・アーサナ Asana(坐法)

・プラーナヤーマ Pranayama(調気)

・プラーティヤハーラ Pratyahara(制感)

・ ダーラナー Dharana(疑念)

・ディヤーナ Dhyana(無心)

・サマーディ Samadhi(三昧)

また、ヤマ・二ヤマは体を使うヨガの実戦ではなく、心得やルールのことを指します。

ヤマ(禁戒)

ヤマと二ヤマには、
欲望と感情をコントロールし、他の人との調和をはかることに効果的です。

現代社会を生きるためにおいても大切にしたい考えが挙げられています。

ヤマ Yama(禁戒)
他人や物に対して、守るべき行動

  • アヒムサAhimsa
    【非暴力、不殺生】

    全てのものに対して(自分自身も含め)
    言葉・行動・思考によって傷つけてはいけない。人と争わない。

    例)怪我をしているのに無理して練習を続ける行為
      愛のない否定


  • サティヤ Satya 
    【正直】

    常に真実を語り、嘘をついてはいけない。
    無理をしない。

    思考と行動が伴っていない場合は守れていないということになる


  • アステーヤ Asteya 
    【不盗】

    他人の所有物を奪ってはいけない。
    自分がすでに持っているものを大切にする。

    アイディアや権利、恋人や配偶者を奪う行為


  • ブラーマチャリヤ Brahmacharya
    【禁欲】

    性的欲求を満たすための行為をしてはいけない。

    「精液の乱用は死へと繋がり、寿命を縮めるということ」

    とも言われていますが、
    私は愛無くして人生は豊にはならないと思います。

    なので、欲の暴走を自制し、
    性的なエネルギーを正しく使うことが大切だと解釈しました。

  • アパリグラハ Aparigraha
    【不貧(ふとん)】

    必要以上に溜め込まず、足るを知る。


    例)ジャンクフードなどの中毒性のあるものを避ける。
      買い溜めしない。
      固執したり、執着しない。

    執着しない生き方をすれば、本当に必要なものが必要な時にやってくる
    (インテグラルヨーガより)

なぜ守らないといけないのか

例えば、
アパリグラハ・不貧
コロナ禍の中、トイレットペーパーの買い溜めなどもそうですよね。

アステーヤ・不盗
時事ネタで言えば、ワイドショーをにいぎわしている
不倫報道などもそうですよね。

人のものを盗る、それに対して取り返すという行為は、
アヒンサ・非暴力という負の連鎖で繋がっています。

守らないでいると、心の中にやましさのようなモヤモヤしたものが残ってしまう。

【結果】
自分自身を苦しめ、日常生活において支障が出てしまう。

できるだけ、心おだやかに優しい気持ちで毎日を過ごしたいですよね。

自分と向き合うということはそう簡単なことではありません。

知らないうちに作っていたマイルールを今一度見直して、
心身ともに健康な日々が過ごせるよう、
日々の生活や心の在り方を見直してみてはいかがでしょうか。

次回、二ヤマ(勧戒)を紹介します。お楽しみに〜!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

M

タイトルとURLをコピーしました